鳥海修氏の文字作りの道『文字を作る仕事』

おなじみのフォント、ヒラギノや游ゴシックなどを制作された字游工房の代表であり、書体設計士である鳥海修氏が、これまでの37年間の活動とこれからの文字作りへの思いをつづった書籍。

これまでに制作した文字。その文字に込められた思想。理想の文字。影響を受けた人たちとの交流……。
「水のような、空気のような」書体を目指して活動してきたという書体デザインの道。

ロゴデザインにおける文字デザインを考える際にも、非常にヒントとなるものが多いのではないでしょうか。
デザイナーとして様々な刺激をうける一冊です。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

posted by 遠島啓介 on 2016年8月1日

スポンサードリンク