明治・大正・昭和生まれの作家45人の描き文字仕事『描き文字のデザイン』

ノスタルジックを感じるとともに、今でも尚、魅力的な素晴らしい描き文字(図案文字)を紹介した一冊。
様々な実例を、描いた人物別に掲載。人物の解説から、代表的な描き文字の作品を800点以上の図版が掲載されています。

なんと、今までこのような描き文字は、まとめられたことがなかったと言います。
日本の描き文字(図案文字/デザイン文字)を初めて編纂した書籍なのだそうです。

巻頭では、檜垣紀六氏のインタビューが載っており、実際に描き文字を描く様子が詳細に紹介されています。
味のある文字がどのように生み出されているのかを知ることができ、見ていてわくわくする本です。

『描き文字のデザイン』は、アマゾンで購入できます。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

posted by 遠島啓介 on 2017年5月29日

スポンサードリンク