日本語もグローバル言語の一つとして考えるきっかけとなる『アジアン・タイポグラフィ&ロゴ NEXT』

漢字やカタカナ、ひらがなといった日本語だけでなく、韓国語、中国語などアジア圏の言語のデザインワークを収録した書籍です。

グローバル化、インバウンドビジネスの広がりにより、デザインする際には母国語以外の言語を取り入れる機会は増えてきているのではないでしょうか。
さまざまな言語を組み合わせたデザインの面白さ、巧みさを感じさせる実例がたくさん掲載されています。

私たち日本人にとって、やはり日本語をまず中心に考えてしまう部分は多いと思いますが、本書をみていることで、日本語もグローバル言語のひとつに過ぎないという目線でみるきっかけにもなります。

多言語のタイポグラフィが参考になる一冊です。

その他にもロゴデザインに役立つ本を紹介しています!よろしければこちらもご覧ください。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by 遠島啓介 on 2016年7月17日

同じ業種のロゴ

フォスターアカデミーのロゴマーク
ぼくのてがたのうつわのロゴマーク

同じ色のロゴ

JAMSTEC(海洋研究開発機構)のロゴマーク
イメージソースのロゴマーク

スポンサードリンク