ロゴに込められた意味

ADKのロゴマーク。
ADKは、アサツー ディ・ケイですね。

つい最近、このコーポレートロゴに変わりました。社内公募で決まったロゴとのことです。

以前の青系のロゴと比べると、だいぶ落ち着いた色合いで、より洗練されたイメージになりました。
赤い「<」マークをアクセントとして後ろにつけて、意味合いとしては「消費者とADKを行きかうシャトル」として位置づけています。
「<」マークがすーっと動いていくイメージですね。

なにげない記号ですが、そういって役目を与えてあげることで、そこからイメージが広がって、ロゴとして動きが出てくるように思います。
やはりロゴはデザインに加えて、どういう意図を込めたかが大事なんだと、改めて。

みんなの評価:1.02.03.04.05.0 (このロゴは星いくつ?)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
似ているロゴを検索

posted by ysk on 2014年8月7日

同じ業種のロゴ

European Environment Agencyのロゴマーク
愛知県印刷工業組合のロゴマーク
SMART SOUND DESIGN SOCIETY(スマートサウンドデザインソサエティ)のロゴマーク
This!のロゴマーク

同じ色のロゴ

アシアナ航空のロゴマーク
UEFA EURO 2012のロゴマーク
葛飾町工場物語のロゴマーク
四国の新幹線実現PRロゴマークのロゴマーク

スポンサードリンク